アマルフィに憧れて

油彩画制作の日々をつづります。

ミコノスの散歩道





 

 ミコノスタウンは迷路のようで、目に付くものを追いかけていくと何処にいるのかわからなくなってしまいます。治安が非常にいいので女の子の一人歩きもまったく大丈夫です。可愛い女の子や旅行者が本当にのびのびエーゲ海に浮かぶこの島を満喫しています。       SM
 ミコノスタウンは壁を白く塗ることで知られていますが、少女の右奥の木まで塗られてしまっています…

 ミコノス島へはアテネから飛行機だと45分ほどです。最前列に座ったので、機長さんの姿が見えます。もちろん、スチュワーデスも1名おられます。客席数は30席余りだったと思います。離陸と共にスチュワーデスの女性が客席にジュースのサービスをし始め、終わるともうミコノス島に着いていました。

 ミコノスタウンの人気者のペリカンです。タウンを自由に闊歩しています。今いるペリカンは3代目ということです。

 ミコノスタウンのランドマーク、風車です。6つ並んで建っています。
 

ドイツ・ベルギー・フランスなどの風景画、大津英敏展


 


 案内状にあるようにドイツ・ベルギー・フランスなどの風景画と日本の風景を併せて約30点ほどの展覧会でした。
 

 大津英敏氏は私の好みの作家です。今回の展覧会では、以前の氏の作品よりもなお風景への思いの強さが作品に表れていたように感じました。特にセーヌ河をふくむパリの描写は氏ならではのものだと思います。

 ただ富士の風景や小樽の風景などの日本の風景は佐伯などが途惑ったことと同じなのでしょうか?

エーゲ海に沈む夕日


 
 
 エーゲ海に沈む夕日の風景です。ミコノスタウンにある港の夕刻、クルーザーや漁船が逆光でシルエットとなり、まだまだ明るい空や海面との対比が表現出来ればと思います。

 太陽を画面に取り入れるのは初めてなので、どのように描こうか迷いながらの制作です。   3M
 

イアの風景


 


 イアのバス停から街の中心に向かいメインストリート(9/12掲載)を進み、エーゲ海に沈む夕日を眺める島の先端にたどり着く手前あたりでイアの街を振り返った風景です。ここも一応メインストリート?です。
 

 強い日差しに照らされた白い街並と、照り返しや反射で複雑な白の諧調と青い空との表現が大変です。

 おおむね全体の土台が出来て、これから細部の表現に入るところでしょうか。6割程度の進み具合です。     8F

 

夏の記憶


 


 愛用のパレットの上に、まだ色を残している向日葵を重ねてみました。

               15F

風車のある庭先





 


 サントリーニのイアは同じサントリーニにあるフィラの街より少しお洒落な雰囲気が漂います。

 いろんなお店は勿論、普通の民家の庭先などにも気の利いたオブジェがさりげなく置かれていて、目を楽しませてくれます。

 風車や鳥かごなどが、心憎く配置されています。    6F

 写真のように、どこの家にも花があります。また、素焼きの植木蜂もいろんな形で素敵です。二枚目の写真はイアの街のメインストリートです。道幅は3メートルぐらいでしょうか、もちろん車は入れませんから人も犬ものんびり歩くことができます。この向こう側にエーゲ海が広がっています。三枚目の写真のようにシュールな光景?も見られます。

雨上がりのマドリツド


 


 かなり暗い印象のする作品です。

 エーゲ海の島々のように澄み切った空気の下の、画面全体が明るい風景も魅力的ですが、この作品のように画面のほとんどが影の中という世界にも惹かれます。

 光が溢れる風景、影が支配する風景、光と影が織りなす風景。すべてに魅力があります。     4F

夏過ぎて・紫陽花


 


 知人からいただいた、奇麗に色を残したドライフラワー状態の紫陽花を描いた作品です。

 今までの作品はどちらかと言うと色のある作品が多かったと思います。これからも見ていただこうと思うのですが、静物画はこのような雰囲気の作品が多くあります。

 どのように目に映ったのでしょうか…    6M

教会への小道




ミコノスにはたくさんの教会があります。他のヨーロッパの都市にあるような威厳のある雰囲気ではなく、こじんまりと親しみやすい教会ばかりが島のあちこちに散らばっています。   3M
上の写真はミコノスタウンの6つの風車が並ぶあたりの、タウンの南側を上から撮ったものです。下は眠らないミコノスタウンの深夜の表情です。    

プロフィール

YOSHIKAITI

Author:YOSHIKAITI
FC2ブログへ引っ越しました!
油絵制作の日々を綴ります。
yahooからのお友達、新しいお友達との交流を楽しみにしています。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ