アマルフィに憧れて

油彩画制作の日々をつづります。

DMは出来ましたが…


 

 三月の京都での作品展のDMが出来ました…でも、昨年の暮れから年の初めにかけて、和歌山での作品展の準備に追われ、例年から比べるとかなり仕上がりが遅いのが現状です。あと一ヶ月、気合を入れなおします!
 
 DM、何処でも送ります。お気軽に内緒コメントで書いてください。和歌山の作品展に送らせていただいた方々には、明日発送いたします!画像はちょっと暗くなってしまいました…

夕照のカナル・グランデ


 

 ヴェネチア。イタリアには、ローマ、フィレンツェ、ミラノそしてまだ行ったことは無いがナポリなどの大きな街がある。どこがいいかと聞かれたら、躊躇無くヴェネチアと答えるだろう。

 運河にかかるアカデミア橋やリアルト橋、ため息の橋など景色にサンマルコ広場のカフェ、群れ遊ぶ鳩。

 旅情、この言葉が最も満喫できる街である。

 あまり描き込まずに筆を置きました。   SM

早朝のアルテ・マイン








 ヴュルツブルクに流れる、マイン川にかかる橋の早朝の風景です。

 ヴュルツブルクは私の住む市の姉妹都市ということで、市の事業として四人の作家が訪問団として訪れました。一番上の画像は、お土産を持ってまず市長さん(左)に表敬訪問です。

 街の景観は、中心部以外にはブドウ畑が広がっています。ここは有名なフランケンワインの産地でも有ります。街には路面電車が走り、シェーンボルン通りはいつも人で溢れています。二つの塔からなる大聖堂は堂々とした建物です。下から二枚目の画像は、先日紹介しましたマルクト広場の様子です。

 一番最後の画像は、こちらに滞在中に制作した作品で作品展を四人でしなくてはならず、暗い早朝からホテルを抜け出し制作に向かいました。

 このアルテ・マイン橋の両側には彫像が立ち並び、ちょっと厄介です…  6F

セゴビアの風景


 

 セゴビアの下町、開かれた窓や閉ざされた窓に、飾り気の無い電灯。人物は描かかないで、暮らす人たちの生活感が出せないかと… 一度筆を置いた作品ですが、もう少し描いてみます。  4F

STILL LIFE



 


 サラマンカで見つけた、ガラス器とペーパーナイフです。カットグラスのような華やかさというか優雅な雰囲気ではなく、何ともいえない暖かさがあります。旅に出ると、ついついモチーフを捜し歩いてしまうので、いつも帰りのスーツケースは重量ギリギリです。  SM

夕暮れのマリエンカペレ



 

 絵の右後方にあるのが、ヴュルツブルクの中心街にある教会、マリエンカペレ。その入り口には、複製ではあるが、天才彫刻家リーメンシュナイダーのアダムとイブ像がある。
 
 絵の中心の明るいところが、マルクト広場。ドイツの街の中心は、マルクト広場と言われる広場であることが多いが、ヴュルツブルクもそうである。野菜や果物、焼いたソーセージにジャムをはじめとして、色んな物がカラフルなテントの下で売られており、観光客も充分に楽しめる。このテントのお店は常設ではなく、早朝立てられて夕方には跡形も無い。

 広場の周りでは椅子に腰掛け、アルコールやスナックを楽しむ人々で溢れている。

 右手前の自転車から、くつろぐ人のシルエット、それに後方のマリエンカペレのステンドグラス。まだまだ、描かないといけない作品です。  4F

ニュールンベルクの街角



 

 かなり描き進められました。

 この作品は下地にガーゼを貼り込んだために、油分の吸収が予想以上に激しく苦労しました。

 正面の壁と地面がもう少し描ければ終われそうです。   3F

 初めての和歌山での作品展は終わりましたが、好感を持っていただけたようで来年も行うことになりそうです。

仕事場から5分!






 

 私の仕事場、共有名義の二階から歩いて5分はかからない所に、このような建物?が出来ました。だんご虫みたいで、何が出来るのかと思っていました。一枚目の画像は後ろからですが、何と花屋さんです。とても小さい建物?(お店の方には失礼いたします)で、円形の建物?で直径は5メートルは絶対に無いと思います。でも、いつもジャズが流れて、素敵な空間です。花を描く機会が増えそうです!

 このあたりは他にも可笑しな建物があります。後日紹介いたします。

プロフィール

YOSHIKAITI

Author:YOSHIKAITI
FC2ブログへ引っ越しました!
油絵制作の日々を綴ります。
yahooからのお友達、新しいお友達との交流を楽しみにしています。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ