アマルフィに憧れて

油彩画制作の日々をつづります。

アマルフィー・Amalfi



 

 私のブログのタイトル二もあるアマルフィー。

 エーゲ海に憧れ、ミコノス島、サントリーニ島を訪れたのが2006年。それ以来禁欲的な生活をしていましたが、この夏、某テレビ局の開設○周年記念作品ということで、ここを舞台にした映画が七月から公開されるとのこと…

 映画の影響で、それなりに注目され、多くの人が訪れる観光地になってしまうのでしょうか…

 憧れだけで終わらせたくない!

 エーイ!行ってしまえ!

 大阪の作品展もありますが、この三年間の自分へのご褒美に往復の航空券とローマ・アマルフィのホテルを予約しました!
 
 上の画像は、映画アマルフィのスタッフも利用したという、日本初のアマルフィーコーストのガイドブックです!

 家族からのブーイングだけが心配です。

父の日


 


 昨夜、娘が下宿から帰ってきた。

 今日が父の日ということで、先日行った上海土産と父の日を兼ねてのプレゼント…

 おいおい!もう少し…

 母には内緒で小遣いを持たせたのに…

 まあ、例のインフルエンザ騒ぎで、行きの機内の近くの旅行者の検査結果が思わしくなく、近くにいた我が娘も一日は病院に隔離されたとのこと。

 娘いわく、飛行機を降りたらテレビみたいに、全身真っ白の人に迎えられたとか…

 父も娘もインフルエンザにやられました…

閉ざされた扉(仮)


 


 相変わらず、ミコノス島の赤い扉の作品を描いています。

 扉自体はだいたい描けているのですが、扉と壁の接点のあたり、白い壁の調子や質感の表現、それから下部の道の描き込みを進めなければなりません。     850mm× 485mm

 この作品も、気に入った額を衝動買いしてしまい、それに合わせて描いているため規格外の大きさです。30号Mサイズに近い大きさです。

 

牧場にて


 


 娘が幼い頃の作品です。

 牧場の解放感が表現できればと、スケッチ風にあまり描き込まずに終えています。その為、揮発性油がやや多かったようで、背景に亀裂が入ってしまっています。

 この作品は、私の仕事部屋に架けてあったのですが、額からはずして、亀裂に気がつきました…  

 今日は下宿から帰ってくるようです!  4M

風呂上がり



 


 風呂上がりのSABUです。

 あまり洗われるのは好きではないのですが、今日はお利口でした。

 SABUの洗濯は、途中何度もブルブルふるわれるので、こちらがドボドボになります…

 家人からいつも「あんたには、絵を描かしてあげているので、家のことは何もさしていないのやからね!」の言葉が耳をよぎり、ついでにお風呂場をきれいにゴシゴシ、綺麗にさせていただきました…

 ゴミ位は捨てに行っているのになあ…

 ちなみにSABUはもう16歳です。

絵は、しっかり描いています!

気になっていました!






 


今日は、絵とは全く関係ない内容です。

 オイル交換の時期が来ていたので、待っている間に、先月から聞こえてはいた車が店内にあり、写真を撮らせてもらいました。

 「走りますか」と聞かれましたが、走ると嫌な予感がするので、今日はエンジンをかけ、アクセルペダルだけを踏んで帰ってきました…

 記事を書いていて気がつきました!車のナンバー 310。ミトでした!

 さあ、絵を描きます!

作品展準備


 


 ついに、七月の作品展の様々な準備が始まりました。

 広告に使っていただく作品だけは決まっているのですが、これからDMに使う作品の選択や挨拶文に画歴、作品の画題等を送っていかなければなりません。

 今日は今回の会場、大阪上本町近鉄百貨店の会場が私には初めての会場なので、美術画廊の図面を送っていただきました。

 126.6㎡・38.3坪、やはり40点は送らないといけないようです…

 あの事件以来、もうひとつテンションが上がらず困っています…

オンフルール風景


 

 オンフルールの旧港の風景です。今回はオンフルールの風景らしく船等も描き入れました。

 サイズがまた変形で、縦66.8㎝×横33.4㎝というものです。4FWと言い、4号Fサイズを二枚縦に並べた大きさです。京都の作品展の最終日の記事で見ていただいた、衝動買いした額に入れるつもりです。

 作品の発表は、来年になるかと思っています。

宅急便






 

宅急便が届きました。和歌山と京都での作品展で、いまひとつ額がしっくりこないので購入しました。この梱包の中に、9個入っています.

痛い出費です…

 ガレージの上にキューイを育てています。今日見ると、何都も可愛い、キューイが出来ていました。今年は豊作になりそうです!

 作品は、オンフルールの窓を描いたものです。

ミコノスの夕暮れ(仮)



 

 

 ミコノス島の港に落ちる、エーゲ海の夕日です。この作品も制作中で一度見ていただいています。この作品も更に描き込んで大阪で見ていただくつもりです。

 和歌山での作品展の時に担当の方から聞いた話ですが、夕日の絵はあまり好まれないとのことでした。沈む、落ちる、消える… 大阪では朝日になっているかも知れません…

  それから和歌山近鉄では、雨が降りだすと「雨に唄えば」、12:00,13:00等きっちりの時間にはディズニーの音楽、雨が上がれば「オーバー・ザ・レインボウ」が流れるなど面白い裏話も教えていただきました。お気づきでしたか?


 二つ目の画像は、私が大好きなブログを書いておられるJ.TERAさんのお嬢様の子供の頃を描いているものです。この作品の元になっている画像を、ご自身のブログで紹介されておりますので、御覧になっている方もおられるかもしれません。

 J.TERAさん、描いてますよ。でも、遅くなることはお許しください!

プロフィール

YOSHIKAITI

Author:YOSHIKAITI
FC2ブログへ引っ越しました!
油絵制作の日々を綴ります。
yahooからのお友達、新しいお友達との交流を楽しみにしています。

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ