アマルフィに憧れて

油彩画制作の日々をつづります。

シチリア旅行記 12

タオルミーナには見事なギリシャ劇場があります。これはシチリアのギリシャ支配の歴

史的背景から成るものですが、この日はそのギリシャ劇場を目指しました。







賑やかなウンベルト大通りの角を曲がると、このような登り道が見えてきます。入場料

払い、先に進みます。
























見えてきました…








全景です。








劇場は今も様々な分野の催しが行われ、ステージでは何やら準備がなされていました。








別角度からです。背景には青々としたイオニア湾に雄大なエトナ山が広がり申し分の無

い景色が広がります。こんな劇場でのオペラやコンサート、さぞ素晴らしいものでしょ

うね!








ステージの上から下へと降りてみました。








ステージ左側…








右側…








ステージの客席です。





旅行中に親しいブロ友さんからブログメッセージに、「絵に描く遺跡の画像が有れば」

という依頼があり、以下の画像はその依頼によるものです。























































使える画像があれば、ご連絡ください。プリントしてお送りいたします、








帰り道で…










最近ようやくシチリアの作品を描き始めています。ですが、絵にするにはタオルミーナ

はなかなか難しい街並みでした。

シチリア旅行記 11

ラグーサから車で一時間余り、タオルミーナのホテルの入り口です。











かなりの下り坂を下りるとホテル前に…

ですが、ホテルらしき建物は…








フロントでチェクイン








フロント付近







テラスガ見えます。







出てみるとティレニア湾!

さすがリゾート地です!








エレベーターを目指します。








開くと何とシースルー!








そうなんです、フロントは最上階の8階、そこから部屋の6階まで下ります。








室内です。」








奥にベランダが見えます!








ベランダからの眺め!








2階のプールです。








見事なティレニア湾の眺めです!















勿論ここでタバコも吸えます!







室内はすでに散らかっていますが、こんな雰囲気です。








夜景もお酒のお供に最高でした!

シチリア旅行記 11

ラグーサから車で一時間余り、タオルミーナのホテルの入り口です。











かなりの下り坂を下りるとホテル前に…

ですが、ホテルらしき建物は…








フロントでチェクイン








フロント付近







テラスガ見えます。







出てみるとティレニア湾!

さすがリゾート地です!








エレベーターを目指します。








開くと何とシースルー!








そうなんです、フロントは最上階の8階、そこから部屋の6階まで下ります。








室内です。」








奥にベランダが見えます!








ベランダからの眺め!








2階のプールです。








見事なティレニア湾の眺めです!















勿論ここでタバコも吸えます!







室内はすでに散らかっていますが、こんな雰囲気です。








夜景もお酒のお供に最高でした!

シチリア旅行記 10

いよいよ最後の訪問地、タオルミーナです。

タオルミーナはイオニア海に面したモンテ山の中腹にへばりつくように位置していま

す。また、先日まで見ていただいたラグーサとは違い一年中観光客の絶えないリゾート

地でもあります。



今回はそのタオルミーナで、一番賑わうウンベルト一世大通りの雰囲気を味わってくだ

さい。



大通りといっても狭い道なんですが…(笑)






これは大通りの東側に立つメッシーナ門。








門の外の風景です。車が中には入れないので駐車された車だらけです。








ここからしばらくウンベルト一世大通りの様子をご覧ください。

























































かなり陽も傾いてきました…





























この噴水、映画「グラン・ブルー」にも登場していました!








いかがでしたか、メッシーナ門からカターニャ門までの5~6百メートルのウンベルト

大通り、賑やかなのは楽しいのですが絵を描くとなると…(泣)










まだまだ描きかけ作品の多い中、今回のシチリア風景にも手を付け始めました。

  「朝の風景・シラク-サ」  6P


ホテルのプライベートベランダからの眺めです。誰も来ないので、ゆっくりスケッチが

出来ました!乾燥した空気感が表現出来ればと考えています。

シチリア旅行記 9

前回の記事にも写っていたのですが、「イタリアにも飛び出し坊やがある!」と家人…











「ほんまや!」と言いながら近づいてみました。

飛び出し坊やではなく、お店への案内だったんです。(笑)








… ? お酒のようなビンを抱えています…








シチリア名物「アランチーニ」です。皆さんご存知でしょうが、中にはひき肉・モッッ

レラ・ハムなどが入ったコロッケのようなものです。大きさは大人の男性の握りこぶし

位、お味の方はとても美味しいです!外はカリカリで中はモッチリ!揚げている油が違

うのか日本で食べるのとは大違い。これ1個で昼食には十分です。






















こちらは宿泊したホテル近くのサン・ジョバンニ聖堂、見事な作りです。















この彫像は…








郵便関係の建物の上に並んでいます…








ラグーサのホテルは喫煙ができませんでしたので、これにお世話になりました。ホテル

の玄関先にあります。








ここに座って…







タバコを吸っているとゴミの収集車が…

こちらでは4種類に分別されているようです。



次回から最後の訪問地、タオルミーナになります。

シチリア旅行記 8

今日はアラブ時代の影響の残ったイブラ地区のバロックの路地や街並みをご覧くださ

い。

西側高台の新市街からバスも出ていますが、そこは街歩き約300段の階段をのんびり

と下りました。





まずは街のシンボル、プルガトリオ教会です。




やわらかい色調の街並みにブルーのクーポラが美しいです…







しばらくイブラの街並みをお楽しみください…









































































既に見ていただいていますが、蜂蜜色に輝くサン・ジョルジョ聖堂です。教会前は広場

になっていてクーポラが見えるように広場に対して斜めに位置しています。周囲はバ

ロック様式の貴族の館や教会が点在しています。











































今回の旅行中、唯一の私の画像です。(笑)

さすがにラグーサでは日本人、いや東洋人に出会うことはありませんでした。シラクー

サでは1~2人、日本の方かなと思われる人とすれ違いました…

広場や教会付近以外街角にはほとんど人影も無く、忘れられ時間が止まったような静か

で落ち着いたイブラ地区、いかがでしたか?

シチリア旅行記 7

今回のシチリア旅行、目的は勿論絵画のモチーフの探しの街歩きなのですが、絵にはな

らなくても自分の目で見てみたい、体感してみたい風景というものもあります。

私の作品は路地や近景の街並みがほとんどで、遠景の作品はあまり描くことはありませ

んでしたし、こちらも作品にはなるとは考えてはいません。

でも、自分の目で見てみたい、体感してみたいたい風景がラグーサにあります!

それがこの眺めです!










いかがですか、周囲を深い渓谷と丘に囲まれた街、バロック建築とアラブ時代の路地が

交錯した街。ひしめきあった建物が丘を埋め尽くし、ひとつの丘がひとつの街になって

います。

もうしばらくこの眺めをお楽しみください!







































































ここはラグーサのイブラ地区と呼ばれる旧市街です。画像はすべて1963年の震災後

に整備された新市街からの撮影です。




高台の新市街からイブラ地区へは約300段の階段を下りないとたどり着けません。

(泣)



次回はイブラ地区の街歩きの様子をご紹介いたします。

シチリア旅行記6



私が泊まり街歩きを楽しんだのはオルティージャ島と言われ、紀元前8世紀からギリ

シャ人の入植が始まりシラクーサは地中海最大のギリシャ植民地となっています。

シラクーサ発祥の地で本土と三本の橋で結ばれています。本土の方にもいろんな遺跡等

もあるのですが、本土には行きませんでした。

今日はオルティージャ島の名所みたいな所をご覧ください。



まずは「アウトゥーサの泉」と呼ばれ、海を隔てて湧き水がありパピルスが自生してい

ます。また、水鳥や金魚が観光客を楽しませています。











































これはアポロン神殿跡です。






















これはアルキメーデ広場にある「アルテテミスの噴水」と言われ狩猟の女神の像です。






















ここからは博物館の所蔵作品です。






















博物館中庭です。








ドゥオモ広場でアコーデオンを弾く少年、「ゴッドファーザー・愛のテーマ」などが

ドゥオモ広場に鳴り響きます…








こちらはドゥオモ広場へ続く小道で、おそらく占いのようなことをしておられたようで

す。凄いコスチュームですね!









9月末といってもまだまだ暑く、毎日のようにジェラートを食べました。(笑)食感は

カプリなどに比べると、すこしアイスクリームに近いものでしたが美味しかったです!

次回からはラグーサに移動します。

シチリア旅行記 5

今日は私の旅行の本来の目的である街歩きの画像をご覧いただきます。

画像はすべてオルティージャ島内です。































































































いかがでしたか、少しはシラクーサの街の雰囲気を感じてもらえたでしょうか?

シチリア旅行記 4

朝市を見学した後、ドゥオモ広場のお店で休憩…











振り返ると席の後ろに着飾った子供たちや男女が…



















次の画像なんだかわかりますか?



















そうです、ドローンです。画像には写っていませんが、私の前は人だかりができていま

す。





















可愛いですね!












そうなんです、結婚式がドゥオモで行われ、その入場の様子を空撮していたのでした。

今どきの結婚式はこんなこともするんですね!

シチリアでは何度か結婚式やセレモニーに出会いました。



シラクーサのドゥオモの中をご覧ください。
























まだまだ続きます。(笑)
プロフィール

YOSHIKAITI

Author:YOSHIKAITI
FC2ブログへ引っ越しました!
油絵制作の日々を綴ります。
yahooからのお友達、新しいお友達との交流を楽しみにしています。

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ