アマルフィに憧れて

油彩画制作の日々をつづります。

世界で一番美しい駅

ようやく最終目的地のナポリの記事になりました!少し前、テレビで紹介された

ナポリの地下鉄トレド駅。



地下鉄の駅にこんな発想…









動くエスカレーターの上なのでゆっくりは観れません(笑)


















日本ではクリスマス商戦の駅中、こんな静かでロマンティックな構内はないです

よね!

今年も!

今日は朝からいいお天気だったので…

初霜が降りる前が収穫時期ということで朝から頑張りました。












摘果が出来ていないのであまり大きくは育っていないのですが…











数だけはかなりあります。また家人の友人への発送が始まります。小さなものでも

ジャムを作られる家人の友人には使えるそうです。







収穫は終わりましたが、疲れて伸びているツルなどの剪定作業は後日に。

高い所の作業は年々危なくなってきました(泣・笑)


こちらの収穫は年明けごろに!










年々多くの実がなりだしました。黄色い色が暖かさを感じさせてくれます!




本業復帰ということで絵も…






これはソレントに滞在した時のホテルのベランダからの眺めです。

まだまだ描き始めですが夜景になる予定です。

  「ソレントの夜」 SM

本業復帰!

今回の旅行記もまだ終わってはいませんが…


プロチダ島のホテルから少し下って







こういう小さな広場が集いの場所になります。








広場からさらに下り、ここを抜けるとコリッチエラの港に!








旅行後、少し落ち着き制作に励んでいます。








ここを抜けるときらめくコリッチエラの風景が見渡せる、そんな期待感を感じ

られるようにと!


  「プロチダ島の街角」F0

イスキア島で街歩き

プロチダ島もそうでしたが、ここイスキア島も治安が良く夜の散歩も何の心配も

ありません。

ホテルからアラゴン城の方に向かっています。このあたりは旧市街でとてもいい

雰囲気の街並みです。





















アラゴン城のふもとまでやってきました。






夜の雰囲気もいいですね!










喉が渇いてきたのでホテル近くのメインストリートで…






イスキア島ではお昼は閉まる店も多く、夜の方が街は賑わいます。











店内では男性の弾き語り…

アダモ(古っ)を思わせる甘い歌声が通りに響きます。





歩いているとステキな教会が…
















以前から、イタリアではよく結婚式に出会いましたが、ここでも!

それにしても皆さん、お洒落ですね!日本人ではこうはいきません(笑)






昨夜のビールを飲んだお店もお昼は閑散としています。







今回もよく食べました!






イタリアにもあるんですね!

結構多くの人が楽しんでいました。






長閑なイスキアの港付近






街角では日本よりはるかに多くの婦警さんが見られました。これも治安の良さ

のせいでしょうね!

イスキア島で温泉へ!

今回のイスキア島への旅の選択肢にイタリアのテルメを体験することでした。

映画「テルマエ・ロマエ」でご存知の方も多いと思いますが、イタリアも日本

と同じく火山国ということで多くの温泉が各地にあります。

ここイスキア島も温泉を目的に多くのドイツ人やロシア人に人気があります。






バスでも行けるのですがバス停まで歩くのが面倒でホテルでタクシーを呼んで

もらいました。

約50分で到着、料金は40ユーロ、これが高いか安いかは後ほど…







入り口です、入場料30€(一日券)半日券等もあります。


広大な敷地に入ります。






入場者はこの時計のようなものを手首に…







進んでいくと…







更衣室です。






ご存知の方も多いでしょうが、イタリアの温泉は水着着用です。






そしてここポセイドンでは帽子の着用も義務付けられています。







広大な敷地に30余りの趣向を凝らした温泉・プール?があります。

多くの方が療養を目的に来られるため医師による診察も受けられる施設も整って

います。もちろんレストランなども!

ただほとんどが日本ほど高温ではなくぬるいお湯という感じです。



まず日本式温泉と命名されている温泉へ












ご覧のように足湯程度の深さで玉砂利のような石ころが敷き詰められて、温水と

冷水を交互に歩きます。

何故日本式温泉なのかは不明ですが、ここだけは日本並みの高温でした。(笑)


以下は敷地内の風景です。

画像にもありますが海水浴も楽しめます!











































敷地内は花なども美しく配置され…















一日楽しみ?帰りは路線バスに…





終点のイスキア港まで何と一人2€!





バスは空いていました。おまけに帰りは下り坂が多く40分かかりませんでした。

バスで来るべきだったかも…(笑)





赤○からオレンジのルートで青○のポセイドンまで、帰りのバスも同じルートで

イスキア港に戻ります。



日本の温泉にも療養目的の所もありますがどちらかというとお風呂の延長線かと。

イスキアにも勿論自然の中の温泉もありますがあくまで療養目的です。

勿論、体を洗うなんてことはありません(笑)



やはり私には情緒ある日本の温泉が好いなと思う一日でした!(笑)

アラゴン城へ

今朝は小雨が降っています…

前回の記事から事情があり少し間隔が空いてしまいました。まだイスキア島ですが

頑張って続けていきます。



アラゴン城とはもともとイスキア島の歴史は古く、紀元前474年にクーマ人(ナポ

リ近郊の古代ギリシャ殖民都市)がイスキアの原住民との戦争で当時ギリシャ殖民

都市のシラクーサ(シチリア島)より援軍を求め要塞として建設した事が城の歴史

の始まり。その後紀元前315年にローマ人がイスキアに町を建設し、アラゴン城の小

島を要塞として使っていた。その後、ゴート、アラブノルマン、アンジュー家が完

全な要塞として変容させた。1301年トリッポディ山の噴火時には避難地として使用

された。1809年イギリス軍が包囲し、城はほぼ倒壊する。1851年ナポリ王のフェル

ディナンドニ世がブルボン家有力者を入れる刑務所として建物を使用した時代もあっ

たというこだそうです。





画像はホテルのベランダからのアラゴン城






アラゴン城へは220mの石畳の橋でつながれています。








上の画像は地図の青○地点

ホテルから徒歩で20分程







橋を進みます…






お城の入り口からイスキアポンテ地区を振り返ると青い海と美しい街並み!






入場料は10€、歩いても登れますがエレベーターで(笑)


海抜200メートルからの眺めは海の青さと街並みの美しさが目に沁みます!
















お城の上にはレストランや素敵なお庭もありました。















上からの眺めは(仏)モンサンミッシェルからよりも絶対に素敵です!







降りて来ての眺めも素敵です!






橋を渡り切り煙草タイムで休憩…

イスキア島って?

イスキア島ってどんな島、そう思われる方が多いと思います。

近くのカプリ島は青の洞窟などでよく知られていますが今回訪れたプロチダ島や

イスキア島はまだまだ日本では馴染みの薄い所ですね。



イスキア島は私世代ではアランドロン主演の「太陽がいっぱい」のロケ地と言えば

風景が思い浮かぶ方もおられるかも…




●高級リゾート地!お隣のカプリ島にも負けません。

カプリ島のようなブランド店が立ち並ぶ街並みはありませんが、センスのいいお店

やいろんなお店が島が大きいだけにいっぱいあります。

温泉があることからカプリに比べ長期の滞在者が多いのが特徴でしょう。


●自然が豊富!

エポーメオ山(788m)が島中央にそびえ、海岸沿いに6つの集落があります。

海岸線は美しい自然景観となって青い地中海に溶け込みます。島のいたるところ

から温泉がわきだしていて、海に流れ込む温泉を海水で薄めて入る天然露天風呂

から5星の豪華なホテル内のテルメまで様々な温泉を楽しむことができます。

ナポリ湾の西部に浮かぶ火山島。フレグレエ群島最大の島で、プロチダ島とヴィ

ヴァラ島の西に位置する。面積は約46.3km2。



まずどんな雰囲気の島なのかを今回はお伝えします。

私は島では一番大きな街イスキア地区に滞在しました。

イスキア地区は港からアラゴン城のあるポンテ地区までがメインストリートです。

















好い雰囲気の落ち着いた港です。

ここからメインストリートをアラゴン城の方へ




































それほどの雑踏ではなくそぞろ歩きにはもってこいの街並みです。勿論、治安の

心配も全く無用です!






今回歩いているのは二本のメインストリート水色の街角です。赤○が滞在ホテル。



もう少しアラゴン城の方へ向かいます。









イスキアニャンコもまったりお昼寝!



アラゴン城のふもと、ようやく海辺にやってきました。





海辺の街並みはさいこうですね!



ここからのイスキア地区の街並みが最高でした!






こんな感じの落ち着いた雰囲気のイスキアの街でした…


イスキア、まだ続きます!
プロフィール

YOSHIKAITI

Author:YOSHIKAITI
FC2ブログへ引っ越しました!
油絵制作の日々を綴ります。
yahooからのお友達、新しいお友達との交流を楽しみにしています。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
月別アーカイブ